AquariumClock 2
プロフィール

投げ釣りおじさん

Author:投げ釣りおじさん
サラリーマンの傍ら、休日を利用して投げ釣りを始めて、もう早いもので20数年が経つ。
釣技的にはまだまだ未熟者だが、その間、相模湾沿岸にて尺キスに2度も出会うことができ、自分でも実に幸運に思う。
自然を大切にし、その素晴らしさを愛して止まない投げ釣りおじさんです。

FC2カウンター
潮見表カレンダー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
・釣行日 2009年8月28日(金)
・釣行時間 18:00~21:00
・釣行場所 小田原市前川海岸
・潮、天気 小潮、晴れ、南風
・餌 東京スナメ
・釣果 3尾(18~20.5cm)

下田釣行の帰りに小田原市国府津海岸にある内田釣具店に寄って釣行の報告。
南風が少し吹いているとの主人のコメントがあるが、餌が少し残っているので、これから夜釣りを行うことに。

前以て夜釣りの準備していないので、PM6:00前に西湘バイパスの灯りを頼っていつもの前川海岸に到着。
まだ明るいうちに支度をして第1投開始、南風が少し強いが日中の日差しが厳しかったせいか心地良い風である。
幸い、湘南キス8号2本ハリ仕掛けを車中に置いてあったので、これを使用する。

少しずつサビいてくると、キス特有のアタリ。
待っている余裕もなく早速巻き上げてくると18cmぐらいのキス、こうでなくちゃ。
急いで釣れたポイントに投げてアタリを待つ、そしたらまたまたプルプルっときた。
同じサイズにおもわず笑いが止まらない、夕間詰めの投げ釣りもいいなぁ。

辺りが薄暗くなってきたが、バイパスの外灯下に釣座しているので暗さが全然気にならない。
このあたりからキスが遠退き、念仏鯛、ハゼが釣れてくる。
南風も治まり夜空の半月を見上げていると、置き竿の竿先がストンと入った、何かが食った。
久しぶりに重さを感じながら巻き上げてくると、20cmを超える良型キス。
夜釣りに挑戦した甲斐があったというものだ。
置き竿にて第2の良型を狙うが、そんなに甘くはなかった。

数投するもアタリなしの状態がしばらく続く。
が、我慢した甲斐あって置き竿の竿先がストンと入った、また大物キスかな?
巻き上げる途中、鈍くグイグイと引く、嫌な予感がする。
30cmを超えるアナゴが釣れてきた、あごに引っ掛かっている程度なのでハリを外し海に返す。
仕掛けが使えなくなったので、これにて終了。

20090828-7



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。





スポンサーサイト

2009/08/28(金) 22:48 |
・釣行日 2009年8月28日(金)
・釣行時間 5:30~14:00
・釣行場所 静岡県下田湾
・潮、天気 小潮、晴れ、無風のち南よりの風
・餌 東京スナメ
・釣果 32尾(14~18cm)

前日の木曜日帰宅が遅かったので、夜食を済ませてそのまま伊豆下田に直行です。
いつもの釣具店に餌を予約してあったので、途中餌を頂いて下田道の駅にAM2:00過ぎに到着。
日の出がAM5:00過ぎなので、それまで車中で仮眠をとる。
日の出とともに目が覚め(何故か爆睡でした)外の様子を伺うと、何と雲ひとつない晴天ではないか。
天気予報では、前線の影響で雲の多い一日といっていたのに。

朝一は先月実績のあった漁港左で行うことに、無風状態だが涼しい。
支度をしてAM5:30第1投開始。
黒船の船道辺りで少しサビきながら待っていると、キスのアタリだ!でも小さなアタリ。
巻き上げるとピンのお兄さんぐらい、飲み込んでなければリリースしたい。
2投げほどすると、キャスターマンがこちらに歩いてくるではないですか。
8月とはいっても今日は平日なので、他の投げ釣り氏はいないものと思っていたが、意外にも同クラブのKさんでした、お互いに顔を見合わせビックリ。
Kさんは毎年恒例の家族旅行で26日からこちら方面に来ていたようです。
日差しが気になってきたので、共に麦藁帽子&タオル姿に変身して並んで投げる。
船道付近がやはりポイントとしては安定している、が、サイズがイマイチである。
Kさんはこれから宿に戻り自宅に帰るということなので、Kさんとはここでお別れ、弁天島に向う。

弁天島から犬走り島方面
20090828-1

弁天島から下田漁港方面
20090828-2

ご覧のように、お天気はベタ凪で最高です、ただ日差しの強さだけが気になります。
扇方に投げて探るが、どこのポイントも小型サイズのみ。
魚影の方は濃くないようで、たまにポツポツと食ってくる程度。
前回は何本か20cmオーバーが出てはいたのだが、今日はその気がないようである。
早々に諦めて、福浦堤防に場所移動する。

福浦内堤防から福浦大堤防先端の赤灯方面
20090828-3

福浦内堤防から犬走り島方面
20090828-5

先客は数人程度いるが、いずれも籠釣り。場所は広いので場所選択に問題ない。
いつもの場所に入り、犬走り島方面に向けて投げる、ポイントは4色。
すぐアタリがあったので上げると、ハゼとメゴチ、こちらも小さい。
数投するもキスは掛かってこない、それにしてもハゼは多い。
それならばと、いるかな?と思いつつ反対方向のテトラ工場跡地の入り江に投げる。
すると、18cmオーバーのキスが付いてきた。こんなところにもいるんだ。
だが、小さなキスが1尾追加しただけで、ハゼのご挨拶だけだ。

AM10:00過ぎ、再び漁港左の場所に戻る。
船道付近の5~6色を攻めるが、なかなかアタリがない。
ではと、手前の3色付近をサビいてみると、プルプルっと小気味良いアタリ。
型では満足できないが、キスが投げる度に付いてくる。
小型サイズのみなので、やはり大物を釣りたいと思い犬走り堤防に移動する。

南風が吹き始めて体感としては気持ちよい、投げても問題ない風である。
犬走り堤防付根にある駐車場は一杯である、やむなく隣りの駐車場(東海汽船用かな?)に停め暫し休憩する。
ここは年中無料だが、”長時間駐車ご遠慮下さい”とあるのでマナーに注意したい。
家族連れのコマセ釣りで賑わっている、子供達も釣りを楽しんでいるので、危険を避け空いている堤防手前で釣りをすることに。
以前は電柱とその線が気になって投げ辛かっただが、今はそれが無くなり投げやすくなった。
さて、外に向って期待を込めて第1投開始。
すぐにアタリだ!追い食いをさせようとしばらく待つ。
巻き上げると重い、大物の期待が高まる、が、キスは1尾のみ。
他に、ハゼ、メゴチ、小タイの外道が付いてきた。
このような釣りの繰り返しが続いたが、型はここが一番良かったように思う。

本日の釣果
20090828-6

犬走り堤防もそうだが、漁港左、弁天島にて根掛かりによってオモリ&力糸を4つ失った。
岩礁等の障害物ではなく、少しは”ズルズル”と引いてこれるので、投げ釣り氏の切ったオモリ&力糸が相当沈んでいると推測する。
下田湾に釣行される際は、沈んでいるオモリ&力糸に注意することと十分な予備を用意することをお薦めする。

行き帰り道中、渋滞を少しは覚悟していたが、行き帰り共全くといって良いほど渋滞はなかった。
帰りも伊東付近で休憩を取れるぐらい余裕の帰り道でした。



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。






2009/08/28(金) 22:39 |
・釣行日 2009年8月15日(土)
・釣行時間 5:15~11:30
・釣行場所 小田原市前川海岸
・潮、天気 長潮、曇りのち時々晴れ、無風のち東よりの微風
・餌 東京スナメ
・釣果 3尾(18cm前後)

昨日は2桁釣れたようなので、またまた海岸に出かけてみました。
昨日までは潮は澄んでいたのですが、ご覧の通り海全体が濁っています。

20090815-1

am5:00過ぎに海岸駐車場に到着、いつもの階段下に入って支度する。
朝方は潮が下げているので砂地が広がり投げやすい。
サビいてくると、第1投目から続けて18cm前後のキスが付いてきた、ポイントはそれぞれ4色と3色。
昨日と同じかな?距離もそう遠くない様子、期待が膨らむ。

20090815-2

が、キスが釣れたのはこれまで。
まもなく、同クラブのKさん、地元釣り氏のYさんが合流したが何も釣れない。
日が上がると、ついに魔のヒイラギが回ってきた、仕掛けがぐちゃぐちゃ。
本命のキスはどこへやら、途中地元のSさんも様子見に来て世間話の半日となる。
釣り仲間が竿をたたんで帰ったので、そろそろ終わりかな?
と、思っていたら本日同じようなサイズのキスがアタリがあった。
本日は計3尾、例年だとこの時期はあまり釣れないので良しとしよう。




ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。







2009/08/15(土) 16:41 |
・釣行日 2009年8月13日(木)
・釣行時間 5:30~11:00
・釣行場所 小田原市前川海岸
・潮、天気 小潮、曇りのち晴れ、無風のち南よりの微風
・餌 東京スナメ
・釣果 2尾(max20.5cm)

台風8&9号の高波からやっと開放された感じで、本日の波は小さく穏やかで潮は澄んでいるようです。
いつもの内田釣具店で餌を仕入れ、弓角のワカシ釣り人の比較的少ない前川海岸に向う。
この時期、近辺の酒匂海岸、小八幡海岸、国府津海岸、大磯海岸等はワカシ&サバ狙いの釣り人で非常に混んでいる。
橘料金所下付近に何人か釣り人はいるようだが、五つヶ浦漁場下付近はポツポツ程度で空いている。
砂地がフラットに出ている階段下にて竿を用意する、am5:30第1投開始。
3色までゆっくりサビいてくるが、何のアタリもない。
何投かするがハリに餌が付いたままだ、今日も釣れないのだろうか。

am7:00前、地元の青年が釣りをしにやってきた。
朝の挨拶をして、小生の隣りに釣り座を構える。
台風の影響もあるが、ここ最近は釣果有りと無しが半々程度とのこと。

何のアタリも無いので、幼稚園下に場所移動することに。
地元釣り師がいたので、釣り師の隣りでさせてもらう。
釣況を聞いてみると、地元青年と同じような返答である。
ここもキスはいないようである、外道も掛かってこない。
ハリの餌もそのまま、時間だけが無常に過ぎていく。

幼稚園下もダメなので、再び階段下に戻る。
その間に、例の青年は小型のキスを釣ったみたいだ。
キスがいることが確認できたので、気を取り戻して投げる。
そしたら、小生にもキスが食ってきました。
16cm弱のサイズにチョい不満だが、ボーズを免れたのでホッとする。
青年はこれから買い物があるということで早上がり。
ちょうどその時またアタリがあった、ポイントは2色。

今日の最長のキス
20090813-1

久しぶりに20cm超に出会えて、猛暑の中出かけてきた甲斐があった。
その後同じポイントを探るが、釣れてくるのはヒイラギだけ。
近くにいた釣り師も2点、3点でヒイラギが付いてきていた。
am8:00ごろからはヒイラギだけは魚影が濃かった(笑)。

納竿しようかと思っていたら、小田原サーフのS氏が友人連れで帰り際に会う。
S氏の友人はキス釣りが初めてらしく、キスの姿を見ていないらしい。
小生の釣った2尾を差し上げると、S氏も喜んでくれたので嬉しい。



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。







2009/08/13(木) 16:22 |
・釣行日 2009年8月7日(金)
・釣行時間 6:00~12:00
・釣行場所 静岡県下田湾
・潮、天気 大潮、曇りのち晴れ、南よりの風
・餌 東京スナメ
・釣果 15尾(11~16cm)

台風8号の影響を心配しながらも、伊豆下田湾は影響ないだろうと強行の釣行です。
いつもの釣友宅をAM4:00前に出発しAM6:00前に目的地である、下田湾内の道の駅に到着。
途中の伊豆多賀海岸は台風のうねりを全く感じさせずベタ凪。
また、宇佐美海岸は大潮の満潮時だからと思うが、堤防一杯まで波が来ているものの多少のうねりが入っている程度。
伊東を過ぎて赤沢海岸に来ると、やはりうねりの影響か波が高く汚れた泡がところどころで漂っている。

釣りができるかどうか?心配でしたが、下田湾内はいつもの静けさで濁りもなく全く問題ない。
台風の避難であろうか、道の駅下岸壁には大型作業船が4隻停泊しているので、隣りの黒船波止場先端にて第1投をすることに。
地元釣り人数人がコマセ釣りをしている。邪魔にならないところで、AM6:00過ぎ支度を整えて実釣スタート。
地元の釣り人は釣った小メジナを鷹に餌付けしているようだ。
ホーホーと呼んで駐車場空き地に魚を置いておくと、見事に足で捕らえて去っていった。
実に微笑ましい光景である、つい見惚れてしまった。

正面にある毘沙子島を目掛けて投げる、少しサビくと小さなアタリ。
追い食いをさせようと待ってみるが後が続かない。
釣友にもアタリがあって同時に巻き上げる、ピンの兄貴程度のサイズだ。
もう1投しても同サイズなので、仕方なく市場倉庫下に移動。
今日は平日なので仕事の邪魔にならないよう隅っこに釣り座を構えて遠投する。
しかし、近場も探ってはみたもののハリ掛かりするのはハゼだけ。
少し濁りがでてきたので、ここを諦めて対岸の福浦堤防に移動することに。

福浦堤防の右手にある小堤防に入り、犬走り堤防先端の島を目標に遠投する。
すると着底と同時にキスのアタリだ!しかしアタリが小さい。
ここにも大型キスはいないのか?
湾周辺を見渡すと下田湾奥に位置する弁天島近くに2隻のボート釣り。
しかも移動せず同じ場所で釣っているように見える。
気になるので、堤防沿いを200mほど歩いてヨット停泊地手前の角地で弁天島を目標に投げる。
キスはいるのだが何れもピン兄弟ばかり、口顎にハリ掛かりしてものはリリース。
大物キスの姿はない、湾内一帯に霧が立ち込めてきたので涼しく感じられる。
弁天島周辺に移動することに。

まずはボートに近い弁天島公園左下にある岩場に入る。
少々投げにくい場所だがイケス横にコンクリート足場があるので、ここからボート目掛けて投げる。
潮が徐々に下がっているので、2色以内の岩礁が薄黒く見える。
その岩礁に引っ掛からないよう注意して巻き上げると、やはり小さなキス。
潮が下げて左隣りの岩場が姿を現してきたので、そこに渡って釣りをしている釣り師がいたが見る限り釣れていない。
ここ2時間ばかしボートは移動しない、本当に釣れているのだろうか?釣れたとしてもピンサイズ?と不思議。
湾内全体が次第に薄濁りになり、東風が湾奥に向って吹いて来た。

弁天島堤防より犬走り島方面を望む
20090807-2

この場所を諦めて、公園先端の堤防に移動する。
ご年配夫婦が釣りを終えて帰るところである。
どうですか?と尋ねると、”小型主体だけどそこそこ釣れたよ”と嬉しそうにクーラーの中を見せてくれた。
ご夫婦で投げ釣りを楽しんでおられるようで実に羨ましい。
いつまでも投げ釣りをお二人で楽しんでもらいたいものである。

ここの投げ場所からだと向い風になるが、心地良い風が猛暑を感じさせない。
先ほどまで湾一帯が霧に包まれて、一時は視界が全く利かない時もあったが、何時も間にか晴れ間が広まる。
犬走り島、毘沙子島方面に向って遠投する、向い風なので飛距離が伸びない。
投げる度に小型のキスが付いてくる、そこそこキスはいるようである。
何投かしていると、釣友に鋭いアタリ。嬉しそうに巻き上げる。

20090807-1

上げてみると、ご覧の通り本日唯一の20cm超えキスである。
抱卵していない為なのか、スリムなキス。
この様子を見ていたベテラン釣り師が声を掛けてきた。
釣果を聞いてみると、同釣り師は本日朝一でこの場所に入って、良型を数本釣り上げたとのこと。
その後は良型は釣れなくなって、ピン兄弟ばかりみたいだ。
良型が釣れなくなった理由は、やはり濁りのせいであろうか?

20090807-3

釣れた場所を集中して投げるが、釣れてくるのはやはり小型キスである。
ところどころ小さな根が存在する、昔はなかったのだが...
オモリを取られることはないが、ハリが引っ掛かって仕掛けなし状態。
向い風で潮目にはゴミが浮遊し、それがこちら側に近づいてくる。
濁りは相変わらずで、徐々に色濃くなり感じなのでam12:00前に納竿する。



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。






2009/08/07(金) 22:22 |
メッセージボードβ
- Information -

いよいよ2012年GWが始まりましたね  9連休の方もいらっしゃると思いますが、小生は生憎とカレンダー通りです  車で釣行される方は是非事故の無いよう十分注意してお出かけくださいませ      

-- E N D --
.
.
PopアップサムネイルLinks
FC2ブログランキング
ただいまブログランキングに参加中です。 下のバナーをポチってお願いします。
人気ブログランキング
ただいまブログランキングに参加中です。下のバナーをポチっとお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。