AquariumClock 2
プロフィール

投げ釣りおじさん

Author:投げ釣りおじさん
サラリーマンの傍ら、休日を利用して投げ釣りを始めて、もう早いもので20数年が経つ。
釣技的にはまだまだ未熟者だが、その間、相模湾沿岸にて尺キスに2度も出会うことができ、自分でも実に幸運に思う。
自然を大切にし、その素晴らしさを愛して止まない投げ釣りおじさんです。

FC2カウンター
潮見表カレンダー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
・釣行日 2009年9月27日(日)
・釣行時間 6:00~10:30
・釣行場所 東伊豆宇佐美海岸
・潮、天気 小潮、曇り時々晴れ、北東風
・餌 ジャリメ
・釣果 2尾(ピンサイズ)

いつもの釣友と東伊豆の宇佐美海岸に行ってきました。
早朝、釣友の自宅付近で待ち合わせ宇佐美海岸に向け出発、途中、東よりの風が吹いて気になる。
渋滞もなく、am6:00前に海岸に到着。

20090927-1

ご覧のように、既に北東の風が吹いていて波が立っている。
写真では見えにくいがサーファーが海岸中央一帯付近に集まり、サーファー日和だ。
釣りができそうな場所は波の小さな海岸左端しかない。
am6:00、支度を整えて階段を降りて海岸に出ると沼津サーフさん4名が既に入っている。
”どうですか?”と声をかけると、まだ2投目ではあるが芳しくない模様。

沼津サーフさんから少し右側に釣り座を構える。
波口付近は茶色く濁っているので、その向う側に投入、2色ほどサビいてくるが何のアタリもない。
数投して付近を探るがキスはいない、ハリ掛かりするのはフグだけである。
釣友は1色付近の道糸をフグに切られた、小生も過去何度が経験あるがフグって何でも噛んでしまう。
場所移動して沼津サーフさんのところに行くと、納竿の準備をしている。
”釣れないので松崎方面に行ってみる”とのこと、ピン主体で5本が最高のようである。
他の釣り人も竿をたたんでいるので、我々も宇佐美海岸を諦め伊豆多賀海岸に移動。

消防署隣の駐車場に到着、駐車場は空いている。
上げ潮になっているが、海岸右側はまだ投げられるスペースがまだあるのでここに入る。
普段は波の静かな伊豆多賀海岸も、今日は向い風で同様に波が立っている。
3投して掛かってくるのはやはりフグだけだ、マイッタマイッタ。

海岸中央にある堤防先端に移動する。
堤防先端から海を覗くと、ここも濁っている。
”これではキスがいないよ”とお互い頷くも、扇形に探ってみる。
そしたら、堤防先端1色付近でピンキスが付いてきた。
やっと型を見たって感じである。
その後は何も付いてこない。
釣友が糸きれしたので、こんな釣り日もあると自分に納得させ納竿とした。



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。


スポンサーサイト

2009/09/27(日) 15:16 |
・釣行日 2009年9月23日(水)
・釣行時間 6:00~9:30
・釣行場所 小田原市前川海岸
・潮、天気 中潮、曇り時々晴れ、無風
・餌 ジャリメ

いつもの前川海岸に行ってきましたが、何も釣れませんでした。
今日はお彼岸なので殺生しちゃいけないということですな。
内田釣具店に立ち寄りジャリメを購入してam6:00前に海岸近くの駐車場に到着。
海岸一帯はまだバイパス補修工事が続いている。
いつもの場所には地元Yさんが既に竿を出している。
波は静かで潮は澄んでいる、朝の挨拶後、”どう?”と尋ねると”第1投だけどまだアタリないよ”とのこと。
隣りで、早速準備して遠投する。
が、2人とも何のアタリもない、当然仕掛けには餌が付いたまま。

20090923-1

遠くも近くもキスどころか外道すら付いてこない。
釣れないのでYさんは橘料金所方面に様子見移動する。
am7:00過ぎには地元の釣り氏達は皆竿をたたんで引き上げてしまった。
右に左に場所移動しても全く釣れてこない。

Yさんも引き上げようとしているので小生も帰り準備していたら
日頃親交のある地元Kさんが海岸にやってきた。
9月13日の小八幡海岸例会は釣れなかったそうである。
続いて、同じくSさんも海岸の様子見にきたようだ。
ここ前川海岸一帯は台風後も釣れていないようである。
今日はこれにて終了。



ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。






2009/09/23(水) 16:38 |
・釣行日 2009年9月13日(日)
・釣行時間 6:00~11:00
・釣行場所 内房岩井海岸
・潮、天気 長潮、曇りのち晴れ、南西の向い風(強風)
・餌 ジャリメ 
・釣果 1尾 

日頃の行いは決して悪くないと自負しているのだが、本日は最悪の天気の基、貧果の例会となりました。

仲間のIさんと自宅にて待ち合わせ、いざ内房岩井海岸に向け出発。
Iさん情報によると”今年の房総は内外ともに釣れてるよ”とのこと、期待が更に高まる。
途中の横浜湾岸、アクアラインともに風は全く感じられなかったが、木更津を過ぎたあたりから車のハンドルを取られるような強い横風を感じ、嫌~な予感。
低気圧通過と同時に南西の風が吹き始めたようだ。
何で今日だけ強風なの?しかも向い風だもんねぇ...
海岸の様子を見ていると、サーファーが海岸右端駐車場に徐々に増えている。
どうやら、彼らは適した波を求めて連絡を取り合って集合しているようだ。

定刻前までに仲間達も集合して、他場所に移動するか等々検討の結果、予定通りここ岩井海岸で決定。
会長あいさつ後、各自思い思いの釣り場に向かい開始。

20090913-1

海岸右側の堤防寄り付近にはサーファーが固まっているので、そこを避けて中央寄りに釣り座を構える。
ご覧のように、南西の向かい風で白波が幾重にも立ち、しかも4色付近手前は濁りが出ている。
全員、遠投のようである。
まともな向い風で距離がでていない。(悲)
小生の近くにいる超遠投派のIさん、Hさんが小ぶりのキスを上げる。
Hさんが小声で”距離は4色半だよ”と教えてくれた。
Yさん、久しぶりに釣りを一緒にするUさんにもキスが釣れてきた。
んん?何で小生にだけキス釣れないの?

20090913-2

どうやら開始から1~2時間までが地合だったらしく、大半の仲間がこの時間帯にキスをゲットした模様。
釣れないのか、全員が右に左にと釣り座を移動する。
海岸中央付近までが釣果出て、それから左側は釣れないとのこと。
潮が上げてくると、海草等のゴミが絡まって苦戦する、半端でない程海中にゴミが浮遊している。
子供達の地引網があるらしく、地元漁師から退いてくれとの依頼があり、仕方なくそこの場所を移動する。
かもめが船に寄ってきた、どうやら漁師がその網中に魚を入れている模様、ついその光景に笑ってしまった。

小生の釣果は終了30分前に付いてきた小ぶりの1尾のみ。
Uさんから分けてもらった東京スナメに食ってきた。
Uさん、どうもありがとさ~ん m(_ _)m
本日の釣果は0~5尾で、残念ながらキスに会えなかった友人もいました。
大半が小型ながら、中型2尾を釣り上げたKさんが今期初優勝です、オメデトサン。
内房遠征の例会ですが、向い風、ゴミ、貧果という三重苦の半日となりました。(笑)

20090913-3

今日も一言です。
当日のような日はサーファーとよくバッティングする確立が高い。
前述したように、海岸右端駐車場正面付近辺りにサーファー達が固まってサーフィンを楽しんでいる。我々はそこを避けてそこから左側の海岸一帯で投げ釣りをする。
お互いの暗黙の了解というか、紳士的な共存共栄である。
”海に入る前に挨拶していったよ、ここに集合したサーファー達はマナーがいいよ”と、優勝したKさんが話していた。
ところが、昼前に海岸中央に入ってきたサーファーには正直落胆した。
朝方の例のグループ仲間とは違うらしい。
こちらの顔色を伺いながら、我々がいる正面の方に向かって行ってサーフィンをし始める。
仕方なく危険を避ける為、場所移動する。
本音を言わしてもらえば、サーファーには投げ釣りをしている場所に後から侵入してほしくない。
理由は、ご存知のように投げ釣りはオモリを海に投入する、その時に体に当たって怪我をしてほしくない(させたくない)からである。
反対に海中に既にサーファーがいる場合は、そこでの投げ釣りを避けてサーファーのいない場所に移ることにしている。
共有の海岸なので、一方的な主張はしたくはない。
が、お互いに最低のマナーだけは守って、お互いの趣味を楽しみたいものである。


ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。









2009/09/13(日) 17:42 |
・釣行日 2009年9月4日(金)
・釣行時間 5:30~12:00
・釣行場所 西伊豆仁科海岸
・潮、天気 大潮、晴れ、無風
・餌 ジャリメ
・釣果 21尾(8~17.5cm)

2年ぶりに西伊豆に位置する仁科海岸に行ってきました。
AM5:00前に海岸駐車場に到着、既に海水浴シーズンは終了し駐車場は数台があるだけ。
ここ仁科海岸は無料の駐車場とトイレが完備されているので、好きな釣場の一つである。
快晴です、残暑が気になるが風はなくベタ凪、潮は澄んでいて波口のゴミも無し。

AM5:30開始。
大潮満潮の時間帯なので海岸中央左寄りはジャリが多い。
なので、やや砂地の出ている右側にて期待ワクワクスタート。
ところが、ところがキスがいない?
場所を移動しながら漁港堤防の先端まで探ったが全くアタリがない。
海のコンディションとしてはベストなのだが、どこに居るんだろうか?
”毎日釣りをしている”という地元と思われる釣り氏と雑談した。
例年と比べると今年は釣れていないとのこと。
因みに、昨日は海岸中央にて朝方7尾釣れただけで、その後の時間帯はサッパリらしい。
ん~ん、今日も期待できないのか。

海岸中央付近に釣り氏がいるので、その隣りでさせてもらう。
どうですか?と尋ねると、”第1投目で中型が2点付いてきたけど後が続かないよ”との返事。
やはり、例年だとこんな感じではないような顔つき、思いは同じである。
沼津方面からきたらしく、秋よりもゴールデンウイーク時の方が釣れると言っていた。

仁科漁港方面
20090904-1

中央正面、駿河湾を望む
20090904-2

松崎方面
20090904-3

ピンキスを主体に10尾前後釣れたが、良型はホントに少ない、しかも魚影が薄い。
口元にかかったリリース可能なピンキスは、再び海に帰した。
どこにいるのかポイント探りが難しい。

朝方、仁科川河口方面の海岸左寄りに入った釣り氏がいるので、そちらに移動する。
釣況を聞いてみると、”ピンよりは大きめのサイズが釣れてるよ”と親切にクーラーの中を見せてくれた。
見た感じ18cmクラスが中心で20尾前後持っている。
海岸に到着した時、小生の行動を見ていたらしく、右側は釣れないと判断してこちらに来たとのこと。
投げ方だけでの判断だが、4色手前をこまめに探っているようである。

AM11:00過ぎ、海岸中央に戻る。
釣れないし暑いせいか、2名の釣り氏も竿をたたむ。
扇型に探ってみる。
3色を切るあたりでプルプルっと小さなアタリ、少しづつサビいてくる。
と、突如鋭い大きなアタリ、今日一番のトキメキである。
直に巻き上げると非常に重い、しかもグイグイと凄い引き。
途中何度か竿を持っていかれる、キスなら25cm超は確実?
ばらさないように慎重にやり取りをして上げると、50cmぐらいのマゴチ。

外道では自身最長記録更新!
20090904-4

ハリはダイワ投魂T-1の6号、ハリスはホンテロン1号のキス仕掛けでよく上がったものだ。
帰宅してメジャー計測したら47cmあった、外道としては人生で最長大物である。
本日の釣行はこれで大満足。


ただいまブログランキングに参加中です。
左記にあります”FC2ブログランキング””人気ブログランキング”をポチってお願いします。




2009/09/05(土) 07:46 |
メッセージボードβ
- Information -

いよいよ2012年GWが始まりましたね  9連休の方もいらっしゃると思いますが、小生は生憎とカレンダー通りです  車で釣行される方は是非事故の無いよう十分注意してお出かけくださいませ      

-- E N D --
.
.
PopアップサムネイルLinks
FC2ブログランキング
ただいまブログランキングに参加中です。 下のバナーをポチってお願いします。
人気ブログランキング
ただいまブログランキングに参加中です。下のバナーをポチっとお願いします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。